ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションします

03.ゆかりの土地

暮らすと働くの関係

完走の喜びも束の間。痛む脚に鞭打って、次は津和野散策である。 今回初めて行ってみたのが、堀庭園の隣にある「医食の学び舎」。 ここは1892(明治25)年から1984(昭和54)年まで実存した「畑迫病院」の跡地。こんな田舎にありながら、志ある医師が集まり…

津和野マラソンへの道 ~当日編~

『ゆかこは、ハーフマラソンをかんそうした!』(レベルUP音) 年明けより準備してきた津和野マラソン。春らしい陽気にも恵まれ、3/11(日)9:20に、そのスタートが切られた。 津和野高校をスタートしたランナーたちは、町のメインストリートを4㌔ほど、残り…

自分を丸ごといかすには

ここに、果物がある。 もし大切に育てたものなら、残さず食べるし、皮も捨てずに使うだろう。 逆に、加工するから部分的に取るとか、規格に合わないから捨てるとか、いわれたらどんな気がするだろう。 「勿体ない」ではないだろうか。 日曜日にマルシェに行…

津和野マラソンへの道 〜直前編〜

気づけば3月。今週末はハーフマラソンじゃないか!!! ということで、10㌔ほど走りがてら、U部長の指導を受けてきた。 U部長曰く、残り1週間で劇的に速くなることはない。天気予報を見る、服装を考える、コースを予習するなど、準備をしっかり整えて、当日…

津和野マラソンへの道

予定通り「津和野マラソン」にエントリーしたぞー! つわのSL健康マラソン | 津和野町 津和野とは、「山陰の小京都」として有名な、島根県にある城下町。風光明媚な町で、私にとっては「おばあちゃんの家」でもある。 それが近年は深刻な人口減だそうで、…

デュアルライフを考える|島根県吉賀町

島根県とソトコトがプロデュースする「Meets my life ご縁がつながる、ワタシらしい私をみつける講座」に参加してきた。 コンセプトも刺さったが、なにより開催地である島根県(吉賀町/津和野町)まで、交通費助成が出たからw 島根県(津和野町)は、母の…

温故知新で暮らしを楽しむ|東京都文京区

見慣れた地元。代わり映えしない景色。あー、もう飽きた。別の世界に旅立ちたい! と、そんなとき、地元の歴史に目を向けてみてはいかがでしょう。 東京都文京区に5年暮らしている私。「文化の日」は本郷にある「文京ふるさと歴史館」に行ってみました。 本…

文京経済新聞に掲載していただきました

bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz bunkyo.keizai.biz

故郷が好きだと人生は楽しい|島根県津和野町

皆さんは、自分の故郷が好きですか? 特に田舎出身で、今は都会に住んでいる人。若い頃にはきっと、不便な田舎の短所ばかりが見えたでしょう。 かくいう私も田舎出身。18歳で故郷を捨て、今は東京都文京区で、都会暮らしをしています。 その文京区で最近たま…

親の故郷に赴くいうこと|島根県津和野町

2015年の春に、母と(祖母の妹とその娘と)島根県津和野町を旅した。 母の故郷であるこの土地。ここで私は、見たことのなかった町の顔、そして自分のルーツを、改めて知ることになった。 「山陰の小京都」と呼ばれる津和野は、城下町の風情が色濃く残る、そ…

絵になる城下町|島根県津和野町

みかん畑と運動会|静岡県熱海市

田舎暮らしに、飽き飽きしていた10代の頃。 今見れば、海、花、緑にみかん畑。なかなか良いとこだったりする。 環境は変わらない。変わるのは、自分だけだ。

津和野から来た花

木曜の昼間、職場に宅急便が。依頼主は津和野の祖母。同僚に見られて、恥ずかしいのは2度目。前回は確か米だった。 箱を開けると今回は、里芋、豆茶、柿にりんどうの花。メロンまである。どういう組み合わせかとよく見ると、箱の側面に「秋の津和野パック」…