読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

断捨離で自己啓発との決別を

本棚に入らなくなった本を、ブックオフで処分した。 その顔ぶれを見てみると、13冊中6冊が自己啓発書。考えてみれば20代後半~30代前半は、自己啓発ばかりしていたものだ。 私と自己啓発との関係は、27才でリクルートに入ったことから始まった。 リクルート…

考えることと感じることのバランス

ギンレイホールで「ハドソン川の奇跡」見てきた。 ニューヨークで墜落しかかった飛行機が、ベテラン機長の采配によって、死者を1人も出すことなくハドソン川に着水。 9.11テロでは、飛行機によって傷つけられたニューヨーク市民の心が、今度は飛行機によって…

東京を走る

雨宮まみさんの本「東京を生きる」を読んだら、「東京で酔狂なこと」がしたくなった。 すぐに閃いたのが「東京タワーからスカイツリーまで走る」こと。私は運転できないので、足はもちろん自分の足だ。 18:55 東京タワーをスタート。スカイツリーまでは約10…

続・深夜食堂|東京都千代田区

小林薫主演の「続・深夜食堂」が、「君の名は。」より泣けた。 www.meshiya-movie.com 舞台は「新宿ゴールデン街」。 オカマから893まで、「ワケあり」な客が夜な夜な集う店で、私のようなアラフォー独身OLも出てくるから、これで泣けるってことは、私もそっ…

巡り合わせの奇跡を感じられる映画|君の名は。

最近、映画館で映画、見てますか? 映画館というのは、ちょっとした非日常。“ここではない”別の場所で、別の世界に出会うような感覚、ありますよね。 凝り固まった現実を俯瞰して、価値を再確認する時間というのか、映画にはそんな効能があるようです。 www.…

“都会は冷たい”の正体|香川県小豆島町

田舎出身の皆さん、「都会は冷たい」って感じたことはありませんか? 人が冷たい、関係が希薄、便利だけど心がない。そんな風に感じ、故郷へ帰る人もたくさんいます。 私は上京して20年近いですが、最近、都会が冷たく感じられたのは、自分の想像力が足りな…

もっと出来ることがある!と感じられる映画「料理人ガストン・アクリオ」

ドキュメンタリー映画「料理人ガストン・アクリオ」を見てきました。 著名なペルーの料理人を追ったドキュメンタリー!映画『料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命』予告編 世界的に注目されることのなかった「ペルーの食文化」に光を当て、食…

「山の日」に見たい映画|LIGHT UP NIPPON

今年から、8月11日は「山の日」。その祝日にぜひ見たい「花火大会」があります。 LIGHT UP NIPPON | 東北を、日本を、花火で、元気に。 2011年に始まった同大会は、震災に傷ついた東北をLIGHT UP(=明るく)するために始まったもの。 今年は熊本での開催も…

「エシカル」な消費生活|ザ・トゥルーコスト

ボーナスの使い道をまとめてみたら、驚くほどエシカルな結果が出ました。 着物(¥15000) ジュースクレンズ(¥5000) 真面目な本(¥2000) ラジオ(¥1500) 以上。飲み会も衝動買いも、ほとんどしておりません。 すっかりエシカルな消費者です。こんなに…

「なんとなく」の質を上げる

最近、「なんとなくやっていること」の質向上にはまっています。 きっかけは睡眠。何故か熟睡できない日が続いていて、 寝不足→腹立つ→よけいな間食をする→体重が増える→運動しなきゃいけない→夜に運動する→好きなことする体力がなくなる てなことで、諸悪の…

深夜食堂|東京都千代田区

映画『深夜食堂』をやっと見た。 以前TVドラマ化もされた、安倍夜郎の漫画が原作で、新宿ゴールデン街っぽい街にある、「めしや」という店が舞台。 マツコ・デラックス曰く、新宿は「全ての人を受け容れる街」。 「ワケあり」な人が現れては消え、消えてはま…

憂鬱な月曜日の「テッド」

もやもやの月曜日。仕事はちゃっちゃと片付け、映画館へ。 飯田橋にあるギンレイホールは、かれこれもう10年以上通ってる、最新じゃないけど格安で、2本立ての見られる映画館です。 現在上映作は、テッド。 バカバカしい。アホらしい。そしてちょっと、切な…

映画館の活用法@目黒シネマ

気分が優れなかったので、目黒の名画座、目黒シネマへ。 上映作品は、「ちょんまげぷりん」と「川の底からこんにちは」の2本。名画座以外で見ないので、常に2本立て。どっぷり漬かる。 「ちょんまげぷりん」は、錦戸亮扮する侍の、侍らしい佇まいが良かった…

水の流れ、暮らしの流れ|マザーウォーター

ギンレイホールで、映画『マザーウォーター』を鑑賞。『かもめ食堂』チーム(?)の最新作だ。 今回のテーマは、水。 水はゆっくりでも流れ、同じところに留まることはない。そしてそれは、人も、同じ。 朝起きたら、昨年買った盆栽が紅葉していた。年末を前…

春の海|東京都江戸川区

上京して10年、帰国して1年が経った。転機はいつも、3月なのだ。 映画「めがね」に触発されて、春の海へ。ひねもす、のたりのたりしに。 上京したての頃は、欲しいものが山ほどあった。しかし、その全てを身につけるには、人生は短すぎる。 本当に必要なもの…