東京百景

結婚にもキャリアにも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発だけは志向している30代OL。人生哲学は「らしさを活かす。あるものを活かす。」

7. 共生する社会

「こども宅食」で、子供に教えてあげたいこと(改)

「こども宅食」のボランティアに参加してきた。 kodomo-takushoku.jp ボランティアの作業は、明日から宅配される食品の箱詰め!ボランティア同士がペアを組み、これだけの荷物を詰める。 驚いたのは、皆さんのチームワーク。同じ想い、志というものは、初対…

スナック「ゆかこの部屋」

を、始めたい。 正確には、新居の広いリビングを利用して、遊びに来がてら「あなたの近況、聞かせてよ」みたいな、旧交を温めつつ、「スナックのママ」気分を味わいたいのだ。 新居をちょっと紹介すると ・文京区根津にある3階建ての一軒家 ・1階:リビング…

国際交流、からの

近所のバー「R」にて、毎月恒例のLIVE。 https://playersbarr6.wixsite.com/playersbar-r いつものように着物で出勤(?)してみると、今回の演奏者は、南米ウルグアイからの来日ということで、 「キモノのセニョリータと写真撮りたいよ」なんてリクエストい…

スプツニ子!さんが凄かった

『朝日地球会議2017』というシンポジウムに参加してみた。今年のテーマは、「分断から共存へ」。私の目当ては、スプツニ子!さんだ。 スプツニ子!さんは、「生理マシーン、タカシの場合。」という作品で注目されるようになった現代アーティストで、「男と女…

「草野球」が育んでくれるもの

週末にときどき、草野球のマネージャーをしている。 河川敷と夕陽が好きで、且つ大の男たちがウキウキと楽しむ、そこに興味があったのだ。 老いも若きも関係なく、ヒットした者を称え、エラーした者を励ます。 チームの母体である居酒屋に、こんな貼り紙があ…

それでも私は「いい人」をやめない

はてなブログに、 shiumachi.hatenablog.com というエントリーがあった。 進捗のヤバいプロジェクトに参加することになったプレイヤーが「私の担当業務は予定通り進捗しています」と嘘の報告をして、それを見破るダウトゲームだそうで、 実際の会社員生活で…

「こども宅食」で子供に教えてあげたいこと

文京区で、「こども宅食」なるプロジェクトが始まるらしい。 www.furusato-tax.jp これは「ひとり親」などで貧困に陥っている家庭に、食糧を届けるというプロジェクト。寄付やボランティアで支援できるが、私は文京区民なので、ボランティアに応募した! と…

働く女と体の問題

私の同僚で、最近プレッシャーの重い仕事を任されていた人が、流産しかかっているらしい。 任せた本人は「残念だったね…」みたいな感じなのだが、端から見ていた私は「胎児とはいえ、会社って人ひとり殺せるんだな」と、感じている。 女の体は繊細だ、という…

一人なら早く、一緒なら遠くまで行ける件

謎かけみたいになってますが、最近気になっている「アフリカのことわざ」です。 “Fast alone, far together.” 「早く行きたいなら一人で行け。遠くへ行きたいなら一緒に行け」という意味だそうで、一人=早く、は分かるとして、一緒=遠く、が分からない。 …