東京百景

日々の思考と行動と感動をコレクションするブログ

大人の運動会|味の素スタジアム

天高く馬肥ゆる秋。 爽やかな青空の下、「味スタ6耐」なるイベントに参加しました。 正式名称は「味の素スタジアム6時間耐久リレーマラソン」。文化系の私には全く響かぬネーミングですが、当日参加した人は、こんなにいっぱいいたのです! 味スタのフィール…

編んでくれる人募集!

クッションカバーを編んでいるのですが、 残り9個!独りで編んだら夏になってしまう! ということで、編んでくれる人を募集します。部分的で構いませんので、「編んでも良いよ」という方は、何らかの方法でご連絡ください。 ココに並びます。 spacemarket.co…

痛みの正体は、痛さではなく怖さである

都立病院の待合室。 私はこれまでに遭った「痛い目」を、順番に思い出していた。 ・ジョギング中に激しく転んだこと・自分でピアスを開けたこと・母の車が横転したこと・めちゃくちゃ熱い灸を据えられこと・韓国で親不知を抜いたときは、先生の「アッパヨ(…

できていないことより、できたことを数えよう

根津に転居して1ヶ月。 シェアハウス+ゲストハウス+シェアスペースである新居で、夜な夜なゲストたちとの交流を楽しむ予定だったが、 で、、、できてない。 残念ながら、SHYなJAPANESEっぷり全開なのだ。 理想と現実のギャップ 私は若い頃、外国人向けガイ…

味噌作りのシンプルな楽しさ

味噌作りワークショップに参加してみました。味噌って自分で作れるんだ〜、ぐらいの私でしたが、ちゃんと作ることができました。ま、昔はみんな作れたんだもんね。 材料は、大豆と麹と塩のみ。味噌ってシンプルなんですね〜。 ①まずはふっくら煮た大豆を、潰…

畑、育ってます|9週目

土日が台風だったため、約10日ぶりの畑。 台風でぐしゃぐしゃになっていたが、雨にも負けず、せっせと収穫。 これは食べるためのようでいて、実は畑のためにもなる。収穫は散髪のようなもので、それ自体が手入れになるのだ。 その日のうちにサラダにして、タ…

きのこ栽培、始めました

日の当たらない花壇で、きのこを育てることになった。 webで「きのこ栽培キット」なる、菌付の原木が売られているのだ。 椎茸(もう発芽してる)は、袋から出して立てかけるだけ。 ほか(舞茸、平茸、くり茸、たもぎ茸)は土の中に埋める。 菌がびっしり生え…

自分を守る権利と行使する責任

子宮がんのことで、頭いっぱいの1週間。 原因菌である「HPV」の検査を受けたら、結果は陽性であった。「型」と治療法を特定するため、次はもっと大きな病院へ行け、とのこと。 近くには「がん感染症センター」でもある都立駒込病院があるし、今週末には子宮…

こんな日が来るなんて!

38才とちょうど半年。まさか私の人生に、こんな日が来るなんて! 最近受けたガン検診で、「陰性ではない」結果が出たのだ。 検査結果は6段階あり、1は陰性、6は陽性(ガン)。私は2だったので、白に近いグレー。精密検査をすることに。 来週には結果出るし、…

畑、育ってます|7週目

今週は、アメニモマケズの7週目。 防虫ネットの中ではちきれんばかりに成長した茎ブロッコリー(左)に、ついに最初の花蕾ができた!!! これを摘んだ後、周辺に若い茎が生えるんだと。それを食べることになるらしい。 葉もの(中)も大根(右)も、猛々し…

「こども宅食」で、子供に教えてあげたいこと(改)

「こども宅食」のボランティアに参加してきた。 kodomo-takushoku.jp ボランティアの作業は、明日から宅配される食品の箱詰め!ボランティア同士がペアを組み、これだけの荷物を詰める。 驚いたのは、皆さんのチームワーク。同じ想い、志というものは、初対…

秋の味覚を楽しむ会

秋の味覚、サンマ。土鍋でふっくら炊きあげました。 鍋に入れるキノコは、ぷぅ〜んと山の香り漂う逸品。 キムチ鍋だったので、香りは結局消えたけど、深〜いコクに効いてました。じわじわ。 さて、平日の夜にこんな贅沢。私の転居祝を兼ね、仲良しさんが集ま…

スナック「ゆかこの部屋」

を、始めたい。 正確には、新居の広いリビングを利用して、遊びに来がてら「あなたの近況、聞かせてよ」みたいな、旧交を温めつつ、「スナックのママ」気分を味わいたいのだ。 新居をちょっと紹介すると ・文京区根津にある3階建ての一軒家 ・1階:リビング…

国際交流、からの

近所のバー「R」にて、毎月恒例のLIVE。 https://playersbarr6.wixsite.com/playersbar-r いつものように着物で出勤(?)してみると、今回の演奏者は、南米ウルグアイからの来日ということで、 「キモノのセニョリータと写真撮りたいよ」なんてリクエストい…

スタンスUPの読書|2017年10月

ナリワイをつくる|伊藤洋志 ・景気が悪いという割には、仕事の量は減らない。一方で、ゴミは増える一方。もうつくるべきものなんてないのでは? ・矛盾の原因は専業化にある。どうしても競争が激しくなったりして、努力の割に結果が出ない ・これからの仕事…

スプツニ子!さんが凄かった

『朝日地球会議2017』というシンポジウムに参加してみた。今年のテーマは、「分断から共存へ」。私の目当ては、スプツニ子!さんだ。 スプツニ子!さんは、「生理マシーン、タカシの場合。」という作品で注目されるようになった現代アーティストで、「男と女…

畑、育ってます|5週目

今週も、畑がよ〜く育っていた。 間引きして株が減ったのに、見える土の面積も減っている!(下段が先週) 今日は、「京の伝統野菜」として知られる壬生菜(みぶな)を収穫。 株ごと引き抜くのではなく、大きく育ったものだけを摘む。買って1袋ぐらいの量か…

2017年9月の人気投稿

tokyo100k.hatenablog.jp tokyo100k.hatenablog.jp tokyo100k.hatenablog.jp tokyo100k.hatenablog.jp tokyo100k.hatenablog.jp

「草野球」が育んでくれるもの

週末にときどき、草野球のマネージャーをしている。 河川敷と夕陽が好きで、且つ大の男たちがウキウキと楽しむ、そこに興味があったのだ。 老いも若きも関係なく、ヒットした者を称え、エラーした者を励ます。 チームの母体である居酒屋に、こんな貼り紙があ…

「会社辞めたい」の一点張り

最近、自分が書いた文章を見ていたら、「会社辞めたくてしょうがない人」に見えてきた。 キーワードは過当競争。ゆえに肥大化する業務量と、崩壊する人間関係。健康を害する人がいても、それを放置する管理職。 私が好きだったR社は、バカばっかりでもチーム…

本郷、明治、鳳鳴館|東京都文京区

畑、育ってます|4週目

今週の畑はこんな感じ↓ 先週↓と比べると、大根(右)の成長が著しい!! 早速、間引き(という名の収穫)をしたものの、大根の葉なんてどうやって食べれば? ということで、レシピ検索したらあるわあるわ。 cookpad.com ごま油で、塩昆布、裂きいか、桜海老…

いつだって今日が転機

目覚めたら元気いっぱいで、晴れた空が、外に私を呼んでいて、旅の途上のあの日のように、今日はどんな世界で、どんな人に出会えるだろうと、ワクワクが止まらないような毎日を生きたい。 そのために、消耗ばかりの活動に身を捧げないこと、疲れを自覚したら…

「移住」する前に考えておきたいこと

最近、島根県の移住系ワークショップに参加したが、そういえば私は、韓国に「移住」したことがあったのだ。 移住ってのは、ただすれば、全てが解決するわけじゃない。 あの頃、強烈に感じたそんなことを、将来また移住する(かもしれない)ときのために、書…

畑、育ってます|3週目

植えつけから2週間経ち、私の畑はこうなった↓ 先週はこうだったので↓ めっちゃ大きくなってる〜〜〜! 「畑が狭くなってきたね〜!」 「昨夜の台風は怖くなかった〜?」 など、心の中で声をかける。気分は保母さんである。 猛暑の中、汗をかきかき、間引くこ…

デュアルライフを考える|島根県吉賀町

島根県とソトコトがプロデュースする「Meets my life ご縁がつながる、ワタシらしい私をみつける講座」に参加してきた。 コンセプトも刺さったが、なにより開催地である島根県(吉賀町/津和野町)まで、交通費助成が出たからw 島根県(津和野町)は、母の…

スタイルUPの読書|2017年9月

自分に自信をつける最高の方法|常冨泰弘 ・自信のある人は、何か足りないと自覚する部分があれば、努力して手に入れよう!と前向きに行動できる ・心の土台とは、幼少期のセルフイメージ ・もっともらしい理由を見つけて、できない自分を正当化しない。でき…

スキルUPの読書|2017年9月

すごい効率化|金川顕教 ・紙の真ん中に線を引いて、左に現状の自分、右に将来のビジョンを書いて、差を埋めるためにすべきことを明確化する ・マイナス点は改善につなげて、プラス点は達成感を得てモチベーションアップ

現状維持か、変化か

6年住んだ本郷の部屋を、引き払うことになった。東京五輪までの3年を過ごすのに、最高の舞台を見つけたからだ。 しかし、慣れ親しんだ環境を離れるのに、淋しさがないわけでもない。 そこで!次のステップに移る前に、出会いと成長の連続だった、6年について…

働くことと学ぶこと

最近、「夜間大学」に注目が集まっているらしい。 dot.asahi.com 経済格差を背景に、学費の安い夜間の価値が見直されているわけだが、私は「学習効率」の観点から、この傾向に大賛成である。 というのも、私が38才にして初めて、「学ぶ」ことを楽しんでいる…