読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

雨の日の色|東京都新宿区

新宿にて、「蜷川実花展 -地上の花、天上の色-」を鑑賞。

渇いた喉を潤すつもりが、まるで、大量の血を飲まされているみたいだった。花なのに、ケモノみたいな。向かい合うだけで力を奪われる、鮮やか過ぎる色の洪水。

そのまま帰る気も起きず、雨の中を散歩した。

f:id:tokyo100k:20161108221648p:plain

雨の日は嫌いだった。暗くて、きれいに撮れないから。

でも、今日みたいな日には、丁度良かった。

雨の日には、雨の日の色がある。そして、その何色とも呼べないような色が、最近は好きになりつつある。