ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

志摩半島

翌日は、6時起床で日の出を拝んだ。

a0106978_9342275.jpg

伊勢神宮(内宮)の祭神は、天照大神である。

闇に光を、大地に命を。天を照らす神=太陽だとすれば、常に当たり前にあるその存在、奇跡にしか感じられなくなる。

a0106978_1442790.jpg

宿を出て、車を借りて、志摩半島へ。自分の目に映る景色は、自分自身を映している。

a0106978_144728.jpg

灯台は、孤独だからこそ、闇を照らす存在になれるのであり、しかし世界は闇よりも、光に満ちていたほうが良い。

a0106978_1441187.jpg

車は英虞湾に到着した。

a0106978_1442448.jpg

英虞湾っていうと、地理のテストによく出た地名。

地図の向こうに世界を見ては、そこに立つ自分を夢見ていた、そんな10代があり、20代に入り、夢は見さえすれば現実に向かう。そんな経験を多くした。

そして30代なりの答え。

夢は、見るだけで半分、完成する。