東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

親孝行のカタチ|静岡県熱海市

週末を利用して、実家へ1泊。

途中、箱根に立ち寄るも、「仙石原ですすきでも」なんて、考えが甘かった。天気は午後から下り坂。冬がフライングしたような日で、観光どころじゃ全くなかった。

f:id:tokyo100k:20161024223600p:plain

悔いを残したまま、箱根は終了。熱海へ直行するバスで、1時間の峠越えを楽しむ。

ところが!天気の崩れたその日は、気圧の谷まで越えることに。山の天気に慣れない連れは、実家に着いた瞬間、ダウン。。。

f:id:tokyo100k:20161024223642p:plain

さて、実家である。

親孝行。世にその方法、数あれど、幸か不幸か、「会う」という形でしか、それを果たすことが出来ない私。

今回の帰省は、連れの地元、桐生で購入した「うどん粉」を打つ、という名目で。

親は私の想像する何倍も、楽しみにしていたようで。連れはいつの間にか、「うどん職人」として噂になっていたらしい。

何だかんだ、翌日から会社なのに、遅くまで滞在してしまった。

f:id:tokyo100k:20161024223734p:plain

今回嬉しかったのは、親も連れも、緊張が少し解けたこと。

人間関係の、雪の溶けるようなのが好きなのだ。みんながいつの間にか、仲良くなってしまうのが良い。そしてそのためには、「分かり合おう!」って決めた双方が、会う回数を重ねるしかない。

コミュニケーションは、少しずつ丁寧に。