ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

忍野八海|山梨県忍野村

 

山中湖への道中、名水で有名な忍野八海に寄ってみた。

f:id:tokyo100k:20171002161736p:plain

忍野の水は、富士山の雪が融け、約80年かけて大地に濾過されたもの。

水はきらきら。魚もきらきら。

f:id:tokyo100k:20171002161806p:plain

そして花のきらきらも、そのまま鏡のように。

f:id:tokyo100k:20171002161847p:plain

忍野八海の隣にある、「やすらぎの里」がまた良い。

f:id:tokyo100k:20171002162005p:plain

萱葺き屋根の民家に、見える暮らしは素朴そのもの。

f:id:tokyo100k:20171002162025p:plain
f:id:tokyo100k:20171002162041p:plain

車の運転できない私は、とにかく歩くしかなかった。

けれど、歩くからこそ見える景色が、いっぱいあった

f:id:tokyo100k:20171002162243p:plain
f:id:tokyo100k:20171002162247p:plain
f:id:tokyo100k:20171002162252p:plain
f:id:tokyo100k:20171002162309p:plain

 

やっと来たふじっ湖号で、「花の都公園」へ。ところが降りる停留所を間違え、結構な距離を歩く羽目に。

日暮れまでの道を急ぐと、蕎麦畑が広がっていた。またしても、歩かなければ見えなかった景色。

f:id:tokyo100k:20171002162315p:plain

そして目的地へ到着。ひまわりはそろそろ卒業。秋は百日草やコスモスが咲くらしい。

f:id:tokyo100k:20171002162320p:plain

花と緑に癒され、公園を後に。

東京に暮らし、秋風を感じ、見たいと思っていた景色、全部見られた気がした。

便利なのは良いけれど、不便なのも悪くないのだ。