東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

「変わる」について

変わりたい私がいます。変わりたくない私もいます。

今の会社に入った頃、「変われ、変われ」と浴びせられるメッセージに、辟易する自分がいました。

何でもかんでも、変わればいいってもんじゃない。そんな風に思いながらも、変化を妨げた20代。 そして30を過ぎた今、しっかり変わった私もいます。

自己啓発の世界では、「成長」とほぼ同義で使われる「変わる」。その言葉の意味するところは、鉛筆を削る行為に、似ているような気がします。

f:id:tokyo100k:20160814175242j:plain

鉛筆を削る。そうすると形状が変わる。そして芯が表に出て、書けるようになる。 

変わりたくない部分があるとして、それをはっきりさせるために、削らなきゃいけない部分があるなら、それを「変わる」というのなら、私はどんどん変わりたい。