ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

秘密の旅

f:id:tokyo100k:20181003132138p:plain

これは、誰にも秘密の旅。

誰のためにもならず、きっと誰にも理解されない、私だけの旅。

何かに導かれるようにして、たどり着いた場所。兵庫県丹波市

一生知るはずのなかったこの場所に、今いるんだから、人生は面白い。

 

こんなことになったのは、ある夏の日のFacebookがきっかけだった。

20年間会うことのなかった父親から、突然の友達申請。

 

私は子供の頃から、母より父に似てるといわれて育ち、しかし育ててくれるのは、父とは別れた母という、大きな葛藤の中で暮らしていた。

大人になるにつれ、母に理解されないことが増える度、父方の遺伝子に興味を持ち、自分の目で見たい知りたいと、思うようになってはいたが、それは昔よくあった、TVの再会番組みたいな、寂しくてとか愛に飢えてどうこうとか、そういう類の感情とは違う。ただただ、興味があったのだ。

 

そしてSNSの時代が来て、父親の存否が明らかになり、まずしようと思ったのは、祖母のお墓参りだった。とある先生に、私の守護霊は父方の先祖、といわれたことがあるからだ。

 

そして大きく背中を押した、もう1つの理由。

それは、膠着状態に入りつつある恋愛。これも、遺伝なのではないかと。

父親は3回結婚した。父親の母親は、婚外子である父親を産んだ。

そして、今。

 

父にしても祖母にしても、世の常識では負とされていることを、それでもやってのけた人たちだ。そのエネルギーとかバイタリティーの、使い方が誤っていたとはいわないが、もっといい使い方があるのなら、私はそれを選びたいのだ。

 

と、ここまで書いて思う。

大好きだから、別れたほうがいいのかなぁ?

その答えを見つけるための、

墓参。

 

墓参後。

この墓に眠る人が、どうであれ父を産み、父と出会った母が、どうであれ私を産んだ。

それ故に私が、今こうして生きている。

それだけが事実であって、その存在を誰にも否定出来ないように、

祖母の行為を、父の行為を、そして私の行為も、誰にも否定出来ないの、かもしれない。