東京百景

結婚にもキャリアにも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発だけは志向している30代OL。人生哲学は「らしさを活かす。あるものを活かす。」

新しいことを始める価値

変わり続ける人と、今のままでいる人がいる。

変われる人は始める人。続けられないとしてもとにかく始める。それが遠回りのようでいて、結局は一本道になっている。

構造としてはこういうことだ。

f:id:tokyo100k:20161124220806p:plain

何かを始めれば必ずうまくいく(=成果が出る)わけではないけれど、かといって何も始めなければ、何一つ変わらない。買わなきゃ当たらない宝くじのように。これだけは間違いない。

そしてもう一つ気づいたのは、

何かを始めるには「何をするか」が大切で、何かを続けるには「誰とするか」が大切だ、ということ。学生が就職するとき、「何を」する会社かで選び、結局勤続できる理由が、「人」であったりするように。

という気づきは、今日の「文京社会起業対話」で得たのだが、かくいう私だって、いつまでも気づきばっか得てないで、いろいろ新しいことを始めなければならない。

私が結局したいのは、(←成果が出ている状態)

  1. 既にあるものの価値を再認識しつつ、
  2. 新しい(≒まだ知らない)ものと結びつけ、
  3. 相乗効果を生み出す(=それぞれを最大限に生かす)ようなことなんだけど、

そこに至る努力として、今後は②を頑張らなければ。

①は2015年のテーマだったんで、
②は2016年、③は2017年のテーマにしようか。

  • 何をするか
  • 誰とするか

そして、

  • いつするか(なにげに重要)。

スケジュール命です。