読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

自己肯定感をUPする

うちの母が以前、ひどく凹んでいたことがありました。

「あゝ年を取って耄碌(もうろく)した…」だの、「自分に自信がなくなった…」だの、まるで病でも見つかったかのような雰囲気。

かれこれ1週間ぐらい、自分を責めてばかりいたので、さすがに気になり話を聞くと…

パソコンが「かな入力」になって、直せなくなってしまったらしい…。

 

母は「自分に厳しい」タイプの人で、ゆえに普通の人より能力の高い、尊敬に値する人物です。

が!にしたって!そこまで自分に厳しくせんでも…と恐れ入るエピソードでございました。

f:id:tokyo100k:20160902223041j:plain

話は変わって2016年。私は年始から、鬱々としておりました。

凹み始めると止まらないのは親譲りで(能力は譲られていない)、完治までに、要した時間は3週間。その治療法というのが「自分に厳しくしないこと」でした。

具体的には、とにかく褒める!低レベルでも褒めまくる!!

そして元気になってきたら、運動とか勉強とか、ポジティブっぽいことに取り組む、というもの。

「鬱々とした気分」にはレベルがあり、それに合わせた治療が肝心、なのです。

実践編

★★★←鬱々MAX

  • 朝がちゃんと起きれたら褒める
  • 人に挨拶ができたら褒める
  • トイレットペーパーを次の人のために替えただけでも褒める

★★

  • くよくよする自分すら褒める(真面目の裏返し!)
  • 失敗しても褒める(挑戦の裏返し!)
  • 普段気にも留めないような小さなファインプレーでも褒める

  • 人を褒めたり喜ばせたりしたら褒める
  • ポジティブっぽい行動ができたら褒める
  • 知らない世界に飛び込んだりした日には大いに褒める

などなど。重要なのは、★★★の自分に★の水準を求めないこと。弱ってるときは自覚して、優しく優しくしてあげよう、ということ。

 

ちなみに、「かな入力」で1週間病んでいた母は、今や自分でLINEもするし(←教えもしないのに)、テザリングだってできるようになったし、娘としては勇気が湧いたのであります(^-^)