読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

「巣鴨の母」に行って来た件|東京都豊島区

A子さんB子さんと「巣鴨の母」に行くことになった。

場所は、地蔵通り商店街。都電荒川線の庚申塚駅付近。

到着すると、壁には中が見えないぐらいびっしり紙が貼られていて、そこにあるのは「惚れると惚けるは同じ文字」みたいな、人生の格言めいた言葉たち。全体的に綾小路きみまろ臭が漂う。

ぶらぶらしながら待つこと10分。予約時間が来たので、どやどや中へ。

占い師さんというのは、怖い、優しい、真面目など、いろいろ種類いらっしゃるのですが、結論からいうと、ここは和やか!綾小路きみまろ臭は正しかった。

占う、というよりも、人生の先輩に会いに行く、みたいな感覚で利用するのが正しいでしょう。

実際はこんな感じ

まずタイマーで20分をセット(2000円)。

生年月日と手相を元に、どういう人格だとか考えだとかいうことを言い当てられ、気になるテーマについて喋りながら、「転機となる年」などを調べてメモしてくれる。

f:id:tokyo100k:20160807235833j:plain

私たちは3人が3人の内容を聞いていたので、

3人とも酒豪なのは、全員に二重生命線があるからだなーとか、1000人に1人しか出ないといわれる「神秘十字線」が3人中2人に出ていたなーとか、私のことを「自由で奔放」な人だと羨ましがっていたA子さんが、手相的には最も自由で奔放だったなーとか、

1人なら「へぇ〜」で済ませるところを、あーだこーだ答え合わせするのもまた楽しい、巣鴨の母体験でした。