東京百景

日々の思考と行動と感動をコレクションするブログ

「幸せは自分の心が決める」を実践する

大学生の頃、「なーんか良いことないかなー」が口癖の先輩がいました。毎日って退屈。楽しい刺激がないかなぁ。

私も、大学生活ってもっとキラキラなイメージだったので、当時は共感していました。

がっ!

今、その場面に出くわしたら、きっとこういうことでしょう。

「良いこと」はその辺にゴロゴロある。感じるかどうかは、自分次第だ。

 f:id:tokyo100k:20160827162222j:image

こう考えるようになったきっかけは、3年前に出会ったA氏。当時自信喪失していた私を、褒めて褒めて褒めまくり、カラカラに乾いた私のコップを、優しく満たしてくれました。

がっ!

A氏は、好きになってはいけない人。私は自立を果たすべく、2つの習慣を始めます。

その2つの習慣とは、

  • 自分を褒めるノート
  • 周りに感謝するノート

実際は、evernoteに箇条書きする程度ですが、

自分を褒めることで、何者でもない私にも、価値があることを認識でき、
周りに感謝することで、何者でもない私にも、仲間がいることを認識できます。

そしてこの習慣を続けると、「今日はノートに何を書こうか」と、その辺にゴロゴロ転がる「良いこと」探しの始まり始まり。

そこでいうと、この文章が書けた15分程度も、今日の「良いこと」の1つ。忘れないようメモしておこう!