東京百景

日々の思考と行動と感動をコレクションするブログ

「枯れない花瓶」で「枯れない大人の女」になる

花のある暮らしって素敵ですよね。テーブルの上にちょこんとでも、植物があると違います。

f:id:tokyo100k:20160906162005j:image

麹町の花どうらくさんで、「枯れない花瓶」(3000円)を購入しました。

「枯れない」とは一体どういうことか?

特殊素材ではありません。ごく普通の花瓶です。これを買うと向こう3ヶ月間毎日、そこに挿す花がもらえるのです。

麹町まで通う必要はあるけど、花を買って帰るあの日の、ちょっとスキップしたくなるような気分が、フリーパスで楽しめるなんて!!!

f:id:tokyo100k:20160910082556j:image

さて、貧乏OLである私は、決して素敵な部屋になど住んではいませんが、小さくても花だけは、飾るようにしています。

花を見れば心が和む。

これも充分な効能ですが、花を飾る余裕を、自分の中に残しておきたい。そのバロメーター的意味が大きいです。

仕事でいっぱいいっぱいになるのではなく、花を楽しむ余裕を残す。「枯れない花瓶」を買うことで、そのスタンスを自分に宣言、したつもり。

「枯れない花瓶」は「枯らさない花瓶」。「枯れない大人」は「枯らさない」意志と共にあるのだ。なんつって。