東京百景

世界平和と自己啓発を志向する独身OLが、考えを整理するために書いているブログ

どん底女子から江戸を伝える一員に|根津神社例大祭

秋です。祭りのシーズンです。

f:id:tokyo100k:20160919130943j:plain

私のように独身ですと、神輿を担ぐ理由もなければ、地域と関わるきっかけもありません。ゆっくり寝たい週末の朝から、ピーヒャラされてはたまらない!

f:id:tokyo100k:20160919130948j:plain

…なんて、思っていたのは3年前。

今年はその祭りに対する、江戸っ子の「想い」を取材させていただきました。

bunkyo.keizai.biz

江戸だった地域に暮らしながら、江戸だったことを意識する機会は多くないもの。江戸なんて、大河だけの世界と思っていました。しかし、どうやらそうではなく、5年暮らしただけの私も、江戸だったことを伝承する立場になっているのです。

f:id:tokyo100k:20160919131003j:plain

それにしても、忘れられない3年前。

酔って明け方、部屋の鍵を失くし、中に入るのに鍵屋を呼んで、4万円という大枚を払いました。

鍵を開けてくれる人のいない、独身生活の悲哀。その日は根津神社の祭りで、外はピーヒャラ騒がしく、うるせぇな!を通り越し、めそめそ泣いたのを覚えています。

f:id:tokyo100k:20160919130955j:plain

そして3年の月日が流れ、同じ地域の祭りについて、取材を通して感動できたり、人に伝えられたりするようになった今の私。

f:id:tokyo100k:20160919131010j:plain

出来事は同じだというのに、自分のコンディション次第で、解釈はプラスにもマイナスにもなる。「根津神社祭礼」というと、どん底だったあの日を思い出さずにいられません。