読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

後悔しないけど、反省はしてる恋|東京都品川区

仕事で、台場に行ってまいりました(独りで)。せっかくの天気だったので、水上バスで行ってみました(独りで)。

そして思い出したんです。今から5年前、10年付き合って4年同棲した人と、最後にデートしたのが、浅草~台場の水上バスだったと。

f:id:tokyo100k:20161115002251j:plain

ときは2011年、私は32歳でした。両家への挨拶も済ませ、後は顔合わせ、という段階でしたが、東北の震災を機に、別れることになりました。

37歳独身である今も、決して後悔はしていません。そして反省もしていません。ですが、“経験を糧にする”という意味で、今日はちょっと考えてみようと思います。

f:id:tokyo100k:20161115002253j:plain

永すぎた春

「○年付き合って結婚しないなら、別れたほうが良い」って説がありますね。一方、「30過ぎて独身だと、その先結婚しにくくなる」って説もありますね。

両者に挟まれていた私たちは、双方の実家に遊びに行くなど努力をしましたが、決定打に欠けていました。

要は彼も私も、その気はあるのに覚悟がなかった。若さ故にそれが分からず、手続きさえ踏めば進むのだと、ただただ時間を浪費しました。

f:id:tokyo100k:20161115002254j:plain

体は正直

全てを見抜く占いの先生からは「別れるかも」っていわれていました(2人別々に鑑定した)。

問題はセックスレス。原因は、彼を男として見れなくなった私。先生が暗に指摘していたのはそれだったのに、頭でっかちな私は、「人としては好き」というところにこだわり、体の反応を無視してしまっていたのです。(&ホルモンバランスが崩れ、今より10kgも太っていた)

f:id:tokyo100k:20161115002249j:plain

優しさではなく優柔不断なだけだった

まぁそんなこんなで、同棲生活には不具合もたくさん。

怒鳴り合いの喧嘩あり、情緒不安定に陥ることあり、双方辛いはずなのに、双方優しい性格のため我慢を繰り返してしまったんです。

そんなところに震災が起き、会社の都合で私が離れて住むことに。結局はそれが別れの決定打となりました。

f:id:tokyo100k:20161115002252j:plain

まとめ

以上から学べることは、

  • 「○歳で独身だと…」というのは統計的なことで、自分には自分のタイミングがあるから、焦ってはいけない
  • 体がおかしくなるほど我慢をしてはいけない
  • 相手のためにしているつもりの我慢は、結局相手にも自分にもためにならない

f:id:tokyo100k:20161115002250j:plain

ということで、今改めて考えて、私の優柔不断さって、いろんなことの元凶になっているみたい。

私は後悔しない人なんで、自分はそれでいいんです。だけど反省をしなければ、人の人生までも狂わせてしまうものなんですね。

これを肝に銘じて、今後、反省だけはするようにしよっと!!!