読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

自分の「女らしさ」を大切にする|東京都文京区

恋と結婚

死ぬまで人生を共にするのは、ほかでもない自分自身だけ。

確かに、世の中に善い人はいっぱいいる。だけど、全ての人に「大切な自分」があるように、大切な私を大切にできる人は、私以外にいない。

f:id:tokyo100k:20161202233845j:image

日曜の夜に、ちょっと悔しいできごとがあって、日暮里からの40分間、泣き通しで帰ってきた。

翌朝目が覚めて、いくら酔っていたとはいえ、40分も泣くようなことだったかと自問した結果、私は次のようなことに気づいたのだ。

私は、自分で自分を大切にできてもいないくせに、人に自分を大切にして欲しいと、ないものねだりをしていた、と。

要は、その期待に応えてくれない男に、怒って帰ったというだけのことなんだけど、にしてもそこまで腹が立つのは、ある心理学者の本によると、私が自分の「女らしさ」を、大切にできていないことから来るんだそう。

確かに。

私は仕事でも何でも、もの分かりのいい人を演出するところがあって(だってそのほうが早いから)、ネガティブな感情を理性で抑えるのに長けているところがある。

だけどそれによって、実は傷ついている自分を誤魔化し、やがて疲れてくると、優しそうな人のくれる耳触りのいい言葉でまた誤魔化し、ずるずる過ごし続けた結果、にっちもさっちもいかなくなりつつあるのが37歳の今。

日曜から悶々とし続け、1週間考え抜いた金曜日の夜。もう若くもないんだし、誤魔化しじゃない本当の幸せを考え、行動を選ぶべきではないのかと。

結局、今日は飲みにも行かず、ジョギングして入浴して読書して、ビールを少々飲んだ。今できることはこれしかないし、この人たちは、絶対裏切らないからね。

社交場へ出るのは、もうちょい整理がついてから。