東京百景

世界平和と自己啓発を志向する独身OLが、考えを整理するために書いているブログ

「健康」が大切である合理的な理由

当たり前すぎて意識しないものだけど、「健康」は人の幸せの最も大きなファクターではないでしょうか。

例えば食事と睡眠。好むと好まざるとに関わらず、食べたり寝たりしなければ生きていけないわけだけど、

必ずすることだからこそ、その質を上げれば、幸せへの近道であることは確か。逆に体を壊してまで働くというのは、幸せから遠ざかる行為です。

さて、私がこの考えに至ったのは、今から3年前のことでした。

当時、私は仕事が苦しく、夜は眠れず、食事も餌にしか思えないような生活をしていました。

ちょうどその頃会うようになった人が、目を閉じて30秒で寝息を立て出す人で、眠れないのが当たり前だった私にとって、人はここまで早く眠れる!という驚きは、健康志向へと向かう大きなきっかけになったのでした。

以来、よっぽど忙しいときを除いて、食事と運動と睡眠は、優先度の高い習慣としています。

健康になると不思議なもので、不健康そうなところには近づきたくもなくなってくる。そしてますます健康に、という好循環は、ボディブローのようにじわじわと、幸福度に影響を与える気がします。

本当に怖いのは、経済格差より健康格差じゃないかしら。