読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

編み物を彼氏にあげてはいけない理由

今年の抱負は「女らしさ」ということで、女らしい「編み物」に、思う存分勤しんでいます。 

今年最初の作品はティッシュケース。余り糸で編んだにしては、なかなか〜!

f:id:tokyo100k:20170107153508j:image

ところで編み物といえば、彼氏にプレゼントすると、「重い」っていわれるものNo.1ですよね。私も経験あるけど、ここまで男女で評価の分かれるものも珍しい。

あの頃は、一目一目編み込んだ想いを受け取ってくれないの?なんつって傷ついたもんだけど、向こうからすれば「頼んでねぇよ」って感じだったでしょうね。今考えれば、きっと。

以来、編み物は自分のためにしかしなくなりましたが、ここから学べることは1つ。溢れる情熱は、まず自分自身に注ぐべきだということ。

人のために頑張っているときって、途中から「やってあげている自分」に酔いがちじゃないですか。そして見返りが欲しくなって、しかし得られないからってキーッ!みたいな独り芝居、あなたも経験ありませんか? 

その点、自分のために頑張れば、自分はちゃんと喜んでくれます。幸せのマッチポンプ状態です。ちなみに私の部屋は、今や気に入った作品だらけだから、毎朝、目が覚めるたびにほっこりです(^^)

ということで、情熱はまず自分に注げ!

 以上を頑張り屋ゆえにムダの多かった若き日の自分と、似たような女性へのメッセージと代えさせていただきます。(これも別に頼まれちゃいないが)