東京百景

世界平和と自己啓発を志向する独身OLが、考えを整理するために書いているブログ

スキルUPの読書|2017年8月

リモートリームでうまくいく|倉貫義人

 

・同じオフィスで働いているからといってチームワークが自然に醸成されるわけではない

・リモートワークこメンバー同士は、ときには利害関係を超えて助け合えるかどうかが重要

・ベースにあるのは、人間として尊敬し合える関係か

・成果を出さなければ、仕事をしていないのと同じ

・会社の選び方、誰と働くかについて選択肢が広がることが最大のメリット

・(自分の思考や作業を中断されたとしても)仲間からの相談には乗ってあげたほうが、チーム全体としての生産性は高まる

・「ラジオ参加」という会議の傍聴

・仕事上の信頼は一緒に仕事をするこおでしか築けない

・「隣は何をする人?」を解消する

・仕事の単位は最大でも1日で終わる程度に分解し、イメージ合わせと改善を繰り返す

・チームビルディングの第一歩は、メンバーがお互いに「仲間」だと認識することから始まる

・よく発信している人のことは、端から見ているだけで親近感も覚える

・同じ目標に向かうには、起きている問題の背景や文脈を共有する必要がある

・リモートチームでは、セルフマネジメントのできる人材が信頼関係で結ばれて仕事をすることでチームとして機能する

・孤独を感じるならリモートワークのせいにするのではなく、自分たちの人間関係に問題がないか考えてみるべき

・リモートチームだからこそ、メンバー同士の交流や絆を大事にするよう心がける