ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

「最悪のシナリオ」でモチベーションを上げる

子宮頸がん軽度異形成(前がん病変)まではほぼ確定したが、治療法らしい治療法はないらしい。

体を温めろ、規則正しい生活をしろ、ストレスは溜めるなって。

治しやすいから普通なのだが、普通だからこそ難しい。油断(=元の生活に戻る)できてしまうではないか。

そこで私は新しい習慣として、週1回〜3回ほど「陶板浴」なるものに通うことにした。体を温め免疫力を上げるサウナのようなもので、子宮体がんを切らずに治したTさんに教えてもらったのだ。

陶板浴は荻窪にあって、1回2000円+交通費で1000円近くかかるが、とにかく通う!

還元陶板浴 虎杖伝説の里 | 虎杖伝説の里 本店ページ

私にしては大きな決断だが、モチベーションの源泉は「最悪のシナリオ」だ。

私が今頑張らなくて、重篤ながんにかかったとする。がん治療はめちゃくちゃ高いから、治療費と入院費で、私は破産寸前に追い込まれる。母や兄にも迷惑をかけるだろう。

破産することも辛いが、頑張って貯めたのに、という精神的ショックも大きい。コルポスコピー(9000円)ぐらいで、高いと感じてるいのに、100万とかなったら、生きる希望を失うだろう。

f:id:tokyo100k:20171110220520j:image

それに対して、陶板浴。週2×3ヶ月で72000円。これで健康な体と生活を取り戻し、将来の医療費が節約できるなら、安い投資じゃないか。

にしてもなぁ、完全に労災なんだけど、会社から補助とかないのかしら?(ないです)