ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションします

「自分らしい」仕事ができました

今の部署に入って3年になるが、やっと「自分らしい」仕事ができた。

これまでの積み重ね、そして生まれもった人格が生きる仕事のことだ。

私は某求人メディアの会社で、新卒向けのプロモーションを担当している。平たくいうと、会員集め。それを競合よりも、いかに早く、いかに多くするか、というのが任務だ。

正直、競合との潰し合いは面白くなかった。大体「新卒」という貴重な時期を預かっておきながら、会員にさえなれば任務終了ってのも、ちょっと違うような気がしていた。

そこで、毎年作っている会員カード(=名前と連絡先書いて提出すれば会員になる)を「未来への招待状」風にしてみたのが、今回の仕事だ!!!

デザインは、ダイヤの原石をイメージ。さまざまな色に輝く、学生たちの未来を表現、したつもり。

f:id:tokyo100k:20171123115827j:image
メディア名が出てしまうのでトリミングしてます…

これが実現できた理由は3つ。

1.めっちゃ勉強していたから

その頃、私は1日1冊の勢いで本を読み、頭が回転しすぎて痛くなるほどだった。勉強しだしたきっかけは、日々の仕事に対する違和感。これを打破するには、自分が力をつけるしかないと思った。って、真面目だ!

2.さまざまな経験をしてきたから

招待状のアイディア自体は、10年前に関わった仕事のマネ。勉強で頭が柔らかくなっていたところに、まさに記憶が降りてきた。当時は辛いことばかりだったけど、耐えるだけの毎日にも少しは価値があったのだ。

3.信頼関係を構築していたから

ダイヤの原石デザインは、別の部署の担当。しかし、日々の業務連携を通じてさまざまな想いを共有してきた仲間だからこそ、私の稚拙なアイディアを形にしてもらえた。本当に助けられたし、これが協働だと実感した。

仕事っていうと、目に見える成果ばかりが評価されがちだけど、そこに至るには、毎日の積み重ね、その行動を選ぶ人格というものが少なからず影響している。

良い大学を出ていなくても、豊かな才能に恵まれていなくても、人格だけは皆にあるし、それを磨く方法を選び、生かす環境を作ることはできる。そしてコツコツ積み重ねれば、こういう喜びはきっと、1つ、2つと増えていくのだ。