ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

「染の小道」に行ってきました

川面を泳ぐように、風にたなびく反物たち。

f:id:tokyo100k:20180226212810j:plain

昭和30年代まで、この街で当たり前だった風景を再現したものです。

f:id:tokyo100k:20180226212842j:plain
f:id:tokyo100k:20180226212744j:plain

今年で10年になるというイベント「染の小道」。

新宿区の中井界隈で、年に1度開かれているもので、川に反物を架ける「川のギャラリー」と、商店街が「のれん」展示会場と化す「道のギャラリー」がメイン。

f:id:tokyo100k:20180226213055j:plain

和のデザインって、好きな理由が2つあって、

1つは四季折々の美しさを、シンプルに描いたものが多いこと。そしてもう1つは、暮らしの中の楽しさを、シンプルに(以下同文)。

f:id:tokyo100k:20180226212938j:plain
f:id:tokyo100k:20180226213027j:plain

要するに、「見るべきものはそこら中にある」って、いわれているような気がするんです。無理やり探さなくでも、既に、そこに。

f:id:tokyo100k:20180226213552j:plain

にしても心温まるのは、

染の職人さんやテキスタイルデザイナーさん(同じか!)、

f:id:tokyo100k:20180226213721j:plain
f:id:tokyo100k:20180226213738j:plain

そして子供も含む街の人たちが、地域の伝統工芸、そしてアイデンティティに目を向け、大切に守るべく、こういう企画をしてくれることですね。

f:id:tokyo100k:20180226213354j:plain

どうもありがとうございました。