ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションします

癒しの真ん中にあるもの

最後の日は、殿町らへんを歩いた。

f:id:tokyo100k:20180313120544j:plain

ここは津和野のメインストリートであり、おばあちゃんの家があったところでもある。

f:id:tokyo100k:20180313120557j:plain

歴史のある町だから、こんな景色が当たり前にあり、

f:id:tokyo100k:20180313121053j:plain
f:id:tokyo100k:20180313121057j:plain

そしてその背景には、空と山と川がある。

歩いて、息をしているだけで、癒されていくのが分かる。

f:id:tokyo100k:20180313120707j:plain

この素晴らしさを一言でいうなら、雄大な自然の中で、人が謙虚に暮らしてる、ってことだろうか。

ここにあるのは、「社会」とかいう得体の知れないものではなく、あくまで人、あくまで暮らし。

f:id:tokyo100k:20180313120717j:plain

そして昔の暮らしと、今の暮らしが繋がっている。「創造」もない代わりに「破壊」もない。

f:id:tokyo100k:20180313120821j:plain

ここなら「自分も破壊されない」安心。これが癒しの正体だろう。仮に自分のルーツがなくても。

f:id:tokyo100k:20180313120853j:plain
f:id:tokyo100k:20180313120849j:plain
f:id:tokyo100k:20180313120846j:plain

ところがそんな町が、今や存亡の危機にあるのだ。人も町も、優しいだけじゃダメなのか。私は、ルーツのある町を消したくない。

f:id:tokyo100k:20180313121125j:plain
f:id:tokyo100k:20180313121248j:plain

という動機で今回、ハーフを走り、町を歩いた。

がっ、これは出発点でしかない。町は危機にあるんだから。私は今後も引き続き、津和野を(ひっそり)応援するぞ!

f:id:tokyo100k:20180313121342j:plain
f:id:tokyo100k:20180313121330j:plain