ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

母からの手紙

誕生日に、母から手紙が届いた。

中身は便箋1枚に、2000円分の図書券。「何が欲しい?」と聞かれ、「2000円の本」と答えたからだ。

軽い受け答えのつもりだったが、ちゃんと覚えて贈ってくる。この人のこういう律儀さに、少なくとも22才まで育ててもらったのだと思った。

f:id:tokyo100k:20180420003519j:image

育ててもらったといえば、私は価値観、少なくとも仕事観について、この人の影響を、びっくりするほど受けている。

最近、ワークショップなどで「自分の価値観」を喋る機会が多いのだが、私ほど「母、母」いう人は珍しいのだ。

受けた影響は大きく2つ

1. 一生働くための「能力開発」をしていること

私の母は、36才で夫と別れ、以来自分で働いて、2人の子供を育て上げた。最初は普通の美容師だったが、いつの間にかエステの資格を取り、自分の店まで作った。その過程で、熱心に勉強していた姿を、今でもはっきり覚えている。

私が「勉強好き」を自覚したのは最近だが、その姿に対する敬意があるのかもしれない。

2. それぞれの「らしさ」を尊重したいと考えていること 

そんな私の母は、私の「らしさ」を認めてくれないことがあった。ときどき私が気に障ることをすると、父、つまり別れた夫にそっくりだといって、丸ごと否定してきたのだ。強烈に嫌だったし、その遺伝子混ぜたの自分だろ!と喧嘩もしょっちゅうだったが、これが今、反面教師となって、私の「らしさまでは否定しない」価値観に反映されているような気がする。

片やポジティブ、片やネガティブなエピソードだが、どちらも母の性格と今の私を表すものだ。

大人になって、離れて暮らし、金銭的には自立したといっても、まるで「影」みたいについてきて、影響を与えてくる母。私は39才になった今でも、間接的にはこの人に育てられているのかもしれない。

これからの関係 

さて、そんな律儀な母は、私との海外旅行を楽しみにしているらしい。

今年の正月、「30代最後の年だから、今年はお金を使う。海外も一緒に行くよ!」と、これまた軽く受け答えたものを、ちょいちょいPUSHしてくるのである。

PUSHする割には具体案を出してこないし、目的もはっきりしないし、(実は私の)予算は10万しか残ってないけど、期待だけは感じる。ので、それにはまず応えたいと思う。

39年前の今日、私を産んでくれた人の。