ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションします

苺と味噌から学ぶ当たり前のこと

私の畑に、苺がなった。

f:id:tokyo100k:20180501210544j:image

赤く色づいた実を、採ってそのまま口に入れる。甘くて少し酸っぱくて、苺らしいシンプルな味だ。

f:id:tokyo100k:20180501210617j:image

収穫は5粒。全体的にいびつ。サイズも2つとして同じものがない。

スーパーで売られているのとは違う。これが、苺本来の姿だ。

 

ほぼ時を同じくして、私の味噌が、完成した。

f:id:tokyo100k:20180501211407j:image

早速、味噌汁を作る。発酵がまだ浅いのか、麹の粒が残っている。味は甘酒っぽく、麹の味がするようだ。

f:id:tokyo100k:20180502145643j:image

味噌の素材は大豆と麹。だが、こんなにも麹の味を感じたことはなかった。

スーパーで売られているのとは違う。これが、味噌本来の味だ。

 

苺と味噌から学ぶ当たり前のこと。それは、苺も味噌も自然由来のものだということ。

形が違うのは当たり前だし、素材の味が残るのだって当たり前のことだ。

それを、人の都合で揃えたり整えたりしたら、ただの工業製品になってしまう。

 

これは人も同じではないか。

1人1人違うのは当たり前だし、生まれもった個性だって、消そうと潰そうと出てきてしまう。

工業製品じゃないんだから、その違いをこそ生かさなければならないのだ。