ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

目的のないところに意味がある

週末の旅行では、香川の直島も訪ねました。

f:id:tokyo100k:20180626000555j:image

直島といえば、瀬戸内国際芸術祭や草間彌生で有名ですが、

本当はアートなんかより、海が素晴らしいんです、ここは。

f:id:tokyo100k:20180626000533j:image

瀬戸内の海は、穏やかな海。

ただ立って見ているだけで、妙に心が満たされる。

海なんか見たって、何の役にも立たないのに。それでも今、成立している、この瞬間はなんなんだ。

f:id:tokyo100k:20180626001224j:image

そんなことを考えていたら、「目的」に疲れていた自分自身に気づきました。

都会では、来る日も来る日も、タスクに追われる毎日。

「何のため?」と問い、目的が曖昧なものは捨てなければならない毎日。

効率的でなくたって、何の役にも立たなくたって、「ただ、好き」ということを、許されにくい毎日。

だけど、究極の目的って、好きなことをして、心を満たすことじゃないのでしょうか。

f:id:tokyo100k:20180626001624j:image

頭が真っ白だって良い。ときに、馬鹿なことをしたって良い。

自分が楽しむこと抜きに、「目的」なんかないのです。