ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

しぜんとはたらく

というわけで、大きな自然と過ごした奈良県下北山村の2泊3日。

全体の印象を一文字で表すなら「蛍」。

村の自然も出会った人たちもキラキラしていて、それが奈良のあんな山奥に、というのが、見えそうで見えないけど見えるときは見える、まるで「蛍の光」のようだった。

さて、奈良への行き帰りの中で、自分が今後したいことを表すのに最適なフレーズが降りてきた。

それは「しぜんとはたらく」というもの。

文字通り、①山や川といった自然の中でその力を借りながら働くという意味と、②人間が自分の意思で、指図されなくても働きだすという意味がある。

ロールモデルは、自然と共に暮らし、村のために自ら立ち上がる下北山村の皆さん。私も、消え入りそうな蛍の光を、もう少し強い光にしたいと。

f:id:tokyo100k:20180720145345j:image

そこで今後は、①地域移住先の選定に入る。②キャリアカウンセラーの勉強と合わせて、(大企業ではなく)地域のために使う方法を考える。

さよなら東京、は近いかも。