ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

だから余白が必要だ -Team Dynamics編-

昨日書いた「永すぎた土曜日」。そもそものきっかけは、6月からシェアメイトになったM嬢の誕生日会だった。

…って書くと、夜な夜なパーティーでもしてるように見えるだろうが、実は全員集まることなどほぼない。これはたまたまだったのだ。

たまたま①オーナーTさんがいたところに、私とT嬢が似たようなタイミングで帰ってきた

たまたま②Tさんが、自分がベトナム行く前に日本酒飲み干そうと提案した

たまたま③T嬢の誕生日でもあったので、3人で飲むことにした

たまたま④M嬢とAndrewくんが似たようなタイミングで帰ってきた

ので、全員(+近所のA嬢)で盛り上がってしまい、翌朝、私の携帯に土曜のプランがメモしてあったと。※酔ってました

f:id:tokyo100k:20180826231648j:image
その結果がこれ!

独り暮らしだと自分以外が「帰ってくる」ことなどないので、こんなことはまず起こりえない。1×1は永遠に1だ。

ところが1×5には、5以上の力がある。

これは土曜に限ったことではなく、例えば掃除当番にしても飲み会にしても、1人ですれば「点」でしかないものが、2人だと「線」に、3人だと「面」に、4人だと「立体」に、といった形で、展開の速度と質がまるで違うのだ。これがチームというものか。

まっ、T嬢もM嬢もホームステイのAくんもとっても優秀なのだが、しかし優秀な人が数集まったからって、こうなるとは限らない。要は「余白」の違いだろう。

望ましい状態とは、それぞれがシェアハウスという「みんなの生活」に関わる意思をもっていること。自分の生活だけでいっぱいいっぱいにならず、「たまたま」を受け容れる余白をもっていること。

人数の多さ×能力の高さ×余白の多さ=チーム力、っていうのか。こういう気づきを得られること、そこの仲間でいられることに、ほんっと感謝しかない日々である。

 

 

 

 …にもかかわらず、私自身の余白はなかなか増えていかないー。嗚呼、こんなんでどうやって生きてこう。