ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

ムクゲと花とコミュニケーション

玄関に「ムクゲ」を置いてみた。

ムクゲは韓国の国花であり、名前をムグンファ(無窮花)というが、暑い夏でも窮することなく咲き続けるさまが、韓国人の性格にぴったり来るということらしい。

そんなことを考えながら、花壇より2本ほど剪定。ぴったりの花瓶があったので、内心うししと笑う。

f:id:tokyo100k:20180903142011j:plain

そんな小噺はさておき、最近ある人から、「花を飾る」という行為は、コミュニケーションであると聞いた。

花を飾る=見る人に対する敬意やおもてなしの表現だとして、見る人は花を通し、それを感じることになる。

飾りかたは問わず、花を置くでも、花壇を整えるでも、コミュニケーション=それを飾った人と、見る人との間に感情の交換が生まれるのだ。たとえ、顔を合わせなくても。

 

それに関連して、「PR」という言葉は、Public Relationsの略だとも聞いた。PRの仕事4年もやってるのに、、、「アピール」と違うんだ。。。

花の例から考えると、PRとは自分が公=Publicに対して、こういう関係性=Relationsを求めています、の表現となるだろうか。

要はPR=私はこういう人で、こういう想いがあって、あなたにこれを提供することで、こういう関係を結びたいです、を伝えることを指し、

目立つことを目的とする「アピール」とは本質的に異なり、そこには双方向性があるのだ。

 

だから何なんだって感じでしょうけど、私はこれによって、大きな納得を得た。

花を飾るにしても、PRするにしても、もっというと、掃除するにしても、化粧するにしても、明るい表情を作るにしても、前提には人との関係性があるのだ。

社会がどんどん便利になって、最近じゃ1日出かけなくたって、人と喋らなくたって働けてしまう日が増えた。

だけど、コミュニケーションが少ない日は、スケジュール的にスムーズでもどこか虚しく、目的に欠ける感じがする。

きっとそれは、働く=人のためにすることだったり、人間=人の間と書くものだったり、何か本質的で根源的な何かを指しているからなんだろう。