ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

Game Changer -3-

3人目のプレイヤーは、モザンビークで銀行を作っている合田真さん。

finders.me

アフリカのエピソードはとーーーっても面白かったけど、書きたいことは別になく(スイマセン!)、

最後は収録が行われた「ロハスカフェ」について。

www.lohascafe-ariake.net

こちら、ソトコトさんが大学の学食として運営しているカフェ。

ロハスの名にふさわしく、大きな木の本棚やチョーク絵、風通しの良い空間が印象的。こんな学食なら1日いたいー。

…という素直な感動と共に、こういうスペースって作るのってすげー難しいんじゃないのか、と。

f:id:tokyo100k:20180914001221j:image

というのも、私は某メディアに関わって4年になるけど、そのコンセプトが永遠に形にならないんですよ。素材を木にするとか金属にするとか永遠に決まらない、たぶん。

メディアだからもちろん、作った当初のコンセプトはあるよ。誰もがコネとか関係なく自由に企業に出会えるとか、確かそういう世界観。

だけど、それに価値があったのは昔の話。そんなことが当たり前になった今、新たな価値の再定義がずーっとずっとできてない。ただ便利ですー。いっぱい企業載ってますー。ってそれだけ。今どき、情報量に価値なんかないし、逆に多すぎて選べないって弊害起きてるっつーのに、いつまで放置するつもりだろう。売上さえ維持できればいいのか?

…みたいな中で、例えばこういう、あるメディアがあるスペースを素敵にプロデュースしてます、というのを見たときに、自分にはそれができてないことが、私には虚しいのだ。

コンセプトがあれば、みんなで1つの情緒を共有できるじゃん。うちはそれがないから、議論だけが長くて長くて長くて、考えてるうちに興味失せたわ!

 

というわけで、今日の文章は後ろ向きなまんま〆ます。

自分でもっと素敵だと感じることがしたい。それをみんなで共有したい。情緒的価値を軽視した無機質な議論はもうたくさん。

以上。