読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

腹が立ったら走れ|叶わぬ恋から得たこと

美容と健康

某ヨガスタジオに行ったら、「受付時間を1分過ぎた」という理由だけで、レッスンが受けられませんでした。

猫なで声で「規則なんで~」って!たかが1分のために!!こちとら10分かけて行ってるのに!!!

と、こんなとき、取るべき行動は次のうちどれ?

  1. 愚痴る
  2. 本部にクレーム
  3. 走る

 

答えは3の「走る」です。

ムシャクシャしたから走るなんて、まるで思春期の男子ですが、この寒空の下、走ってやりましたよ、半袖で!またこんな日に限って、風のように走れる走れる。

そういえば2日前には、「査定が上がらなかったから勉強する」という、ポジティブ過ぎる投稿をしましたが、

最近の私は、ネガティブな感情に出会ったとき、その温泉のように湧きあがるエネルギーを、ポジティブな方向に投げる、ということにハマっています。

tokyo100k.hatenablog.jp

元々は、親も頭を抱えるほどのヒステリー娘だった私。こんな芸当ができるようになったのは、ある「叶わない恋」がきっかけでした。

叶わない恋だけど、人生最高に好きになった人で、

彼に会っては泣き、彼を想っては泣き、カラオケに感情移入しては泣き、「叶わないなら別れよう」と決めては、また会いたくなって泣き。

そんなことが続き過ぎたある日、あることに気づいたのです。

負の感情は、負の方向に投げるから負なのであって、堰き止められない想いなら、正の方向に投げれば良いと。

そして、ジョギングやら勉強やら、昔なら苦行でしかなかった「正の行動」を、腹いせにでも行えるようになったのです。

f:id:tokyo100k:20161117221958j:image

富士山のそばに伊豆や箱根があるように、火山のそばには温泉があります。

噴火すれば災害でも、温泉ならば役に立つ。

かくして、ヒステリー娘だった私は、湧きあがるエネルギーを正しい方向に向けることを覚えました。

たとえ恋は叶わなくとも、この能力は一生モンです。めでたしめでたし。