ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

改めて考える「働く喜び」

最近、ぬか漬けの味が良くなってきた。

始めて3ヶ月で、コツがつかめてきたのだろう。シェアハウスの同居人たちが、ぱくぱく食べるようになった。

私の口には、漬けた半分も入らない。こともある。

がっ、奇妙なことに「私のなのに!」と腹は立たない。食べられなくても、惜しくないのだ。

何故か。

ぬか漬けは、簡単だからだ。

自分がすることは、日々のかき混ぜだけ。シゴトはほとんど菌がする。

なのに、めっちゃ喜ばれる。

自分にとっては大したことのない努力で、人からめっちゃ喜ばれる。これは楽しい。

 

同じようなことは、着物でも起きる。

私にとって、着物を着ることは大したことではないが、さも大したことのように喜ばれる。これも楽しい。

f:id:tokyo100k:20181203214700j:image

人生相談とか、ビールもまぁそんな感じで、私にとって大したことではないが(以下略)、「働く喜び」っていうのは、意外とこんなもんじゃないだろうか?

自分のできることをする。それを人にも分けてみる。そしたらめっちゃ喜ばれる。

「働く」は楽しくできるのだ。身を粉にしなくたって、額に汗をしなくたって。

 

もうすぐ辞める会社のビジョン「働く喜び」について、なんとなーく考えてみた。