ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

幸せは感情の落差から生まれる

篠山への転居を、自力ですることになった。

本郷→根津の転居(区内)に車を出してくれた人が、篠山へも出してくれるというのだ。酔狂にもほどがあるけど、面白いから頼むことにした。

業者さんより安いし、何しろ一緒にいられるし。

f:id:tokyo100k:20181209220219j:image

この人は私が、5年間好きだった人だ。今後もきっと死ぬまで好きだ。もう一緒にはいられないけど。。。

 

この人から学んだのは、泣いたり笑ったりすることが、人生の幸せだということ。

どうにもならずに泣いた夜。それでも会えて嬉しかった夜。

泣くようなことがあるからこそ、心底笑えることがある。

 

泣き続ける人生もなければ、笑い続ける人生もないが、平坦な道ばかりでは無表情になってしまう。その点、凸凹した道は、上がったり下がったりする感情を味わうのが忙しいほど。

 

この原則に気づいてからは、存在に感謝できるようになった。

自分が何かを得ようとか、何かをしてもらおうとかいうことではなく、一緒に過ごす時間が、共通の宝物を作っていくような感覚。

独りでは作れないものを、「おかげで」作れているような感覚。互いに、丁寧に扱い合って。

 

この人に出会って、大好きとかありがとうとかいう言葉が、自然に出てくる感覚を得られた。そういう意味で本当に、幸せだったと思う。