ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

穏やかで懐かしい人

久しぶりの土曜日。

東大の銀杏がまだあると聞き、本郷界隈を散策した。

f:id:tokyo100k:20181216165847j:image

本郷を歩くと、懐かしい気分になる。

6年住んだのもあるけど、ときの流れが穏やかなのだ。

 

「懐かしい」と「穏やかだ」は近い。

懐かしい風景の中では、穏やかにときが流れている。「変わる」ことと縁が薄く、こっちもそれを強要されない。

今のままでいいという、究極の肯定がある。

f:id:tokyo100k:20181216140832j:image

夕方からは、ある人に会った。

私に、究極の肯定をくれた人だ。

 

「もう○回しか会えないね」と口にした瞬間、強烈な淋しさよりも、自分が早く頑張って、○+1回目を作ろうと思った。

穏やかな人は、良くも悪くも変わらないから、懐かしいあの顔で、きっと待っていてくれるだろう。

f:id:tokyo100k:20181216140732j:image

影が美しく見える世界に、冬の訪れを感じ取る。

季節は巡る。春もまた来る。