ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

縁が未来を開くとしたら

シェアハウス「東京キチ」の忘年会が開催された。

住民5人だけでなく、近くに住む常連さんや、今後関わって欲しい人など、20人弱のちょっとした宴会。

サプライズで送別パートまであり、似顔絵付きの「寄せ書き」なんてもらった日には、凄いスピードで涙が出た。

楽しい…というより夢のような時間で、安易に言語化できないイマココ。

とにかく皆さん、ありがとうございました!

f:id:tokyo100k:20181217191104j:image

さて、最近強く感じるのは、「縁」ってものの底力だ。

元来私は、人付き合いが得意ではない。独りでいるのが好きなくせに、シェアハウスなんかに住んでいるのは、LIFE SHIFTでいうところの「無形資産」を獲得するため。

資産を獲得しようとすれば、払わされる代償があり、正直、面倒なことだってあるけど、それに優る充分な価値を、今年ほど感じる1年はなかった。

ビールだってそうだし、移住だってそう。ここに至る道のりの中に、数えきれないほどの「縁」があった。本当に。

 

想像できないような未来が、縁によって開かれる。

と、今の私ならいえる気がする。

縁ってものの尊さ。それを始めること、続けること、止めることの難しさも含めて、それなりの努力の先には、素敵な未来が待っていた。

 

と、そんな実感をしてしまった今、自分に何ができるだろう???

「円」はないけど、「縁」ならあげます。かな?

そうだ、縁を結ぶ人にならなれるかもしれない。

それが花を咲かせたとき、まるで自分のことのように喜べる人になりたい。