ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

クラフトビールを作る目的

丸の内で開催された「妻有ビール」さんのイベントに参加してきた。

妻有ビールを味わおう<丸の内試飲イベント>

「ビール醸造家 女性」で検索すると、上位に出てくる妻有ビールさん。ぜひ会ってみたかったのだ。「OL辞めてビール醸造家に」っていうのも、まさに私のことだし。

 

イベントの内容は、というと、

自身の縁ある十日町(新潟)を盛り上げたかったことから、ビアパブ、そしてブルワリーを立ち上げた、というストーリーで、そのブランディングに至るまで、全てが「十日町による十日町のための」を感じる内容であった。

 

例えばビールの名前。「十日町そばエール」「めでたしゴールデンエール」「豪雪ペールエール」と、日本語を入れているのは地元の人に親しまれるようにという配慮。

そして、持ち帰り用の瓶。当初は卸売しかしていなかったが、地元のおじいちゃんたちの要請を受け、小売用の瓶を用意した、なんてエピソードも。

 

いや、私もビール、作るんだけどさ。

当事者になってしまうと、近すぎて見えない、になりがちなんですよね。

ビールを作る「福住」という地域。ここで妻有ビールさんのような、「おじいちゃんたちの要請を受け」なんてことを、起こさなきゃならんわけですよ。けど、実際のハードル考えたら、高いじゃないですか。あの家と、あの家と、あの家と、ってね。

 

…けど、するんだ!

方法は考えるんだ!

そのために、初心に立ち返るんだ!!

私がビールでしたかったこと。

それは、ビールを片手にたくさんの出会いがある場を作ること

 

偉いとか偉くないとかいう、垣根を簡単に超えさせるもの、それがビールだと信じてるから。

人見知りの私、気にしいの私が、今のこういう感じになれたのはビールのおかげだと信じてるから。

tokyo100k.hatenablog.jp 

tokyo100k.hatenablog.jp 

正直、篠山に縁はないし、それが盛り上がるとかは関係ない。

ただ、理念に共感できる会社があること、そのバックアップを受けてビールが作れること、「垣根を超える」という意味において移住者の多い地域にいること、これはやっぱり、アドバンテージだと思う。

頑張るしかないし、頑張りたい。

 

さ、寒すぎて、毎日具合悪いけど、と、とにかく頑張ります!!!