ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

ある日の暮らし

本日(1/31)は朝から税務署と電話。

「(提出した書類に)ツッコミどころあるから」と呼び出しを受け、篠山から17キロ離れた柏原へ行くことになった。

17キロってどのぐらい?根津から大森ぐらい。って、ちょっと分かりづらいか。

 

ビールを作ろうとする人は、とにかく税、税、税である。

道中、篠山市役所と兵庫県庁の支所に寄り、納税証明書を取る。※これも提出書類

ビールを作るには国税局の免許を取らねばならず、即ち、免許を取るからには税金ちゃんと払ってます/今後も(ビールで)払えますっていう証明をしなきゃならないのだ。

 

で、本題の税務署だけど、担当のFさんはめっちゃ仕事してくれる人で(笑)私の提出した書類の矛盾を見事なまでに突いてくれた。さすがは年貢集めのプロ。

例えば、収支計画の計算合ってないよ、とかとか。

うーん、言い訳したいことはあるが、しかし、担当者として資料の内容を把握しきれていなかったー!ことは反省しつつ(圧倒的当事者意識)、

細かく見ていただいてありがとうございました!ははぁーっ!

と、ひれ伏すのが得意になってきたこの頃。

 

ビールのネタは以上で、今日はここからが長かった。

 

遠出しなきゃいけない仕事が終わると、私は「風呂」に向かうのだ。

今日はあいにくの雨だったが、例の「るり渓」に向かうと、

なななんと、雪!

いや、吹雪!!

12キロ離れた道のりを9キロまで走ったけど、最後、雪道が待ってて。

ちょこっとだけ運転してみたけど、本当にズルズル!!! 

tokyo100k.hatenablog.jp

ということで保険の「ささやま荘」に行き、家(シェアハウス)に戻ると、同居人のSちゃんが、良い日本酒を仕入れたという。「仕入れた」って、公務員だろがい。

で、私もちょっともらったけど、やー、やっぱ酒だよ、酒だよね。

Sちゃんは「リクルートの人(私)が同居人になる」ことに相当肝を冷やしていたらしいが、曰くリクナビが大嫌いなんだと。

あんな商売をする人間は理解できない、など猛烈な批判も含め、いろいろと喋ったけど、やっぱり雪を溶かすものは酒しかない!

賛成も反対も全て溶かすもの、それが酒なのじゃ。

 

ほい、明日は朝からビール定例会議です。