良識ある大人になるために -電力編-

宮城県にある女川原発が、再稼働の前段階となる「安全審査」に合格したそうです。www.nikkei.com

この新型コロナ隆盛の中で、原発再稼働のために頑張ってる人がいるなんてびっくりでしたが(そりゃーいるか)、

気になるのは、「本当に安全なの?」ってこと。

 

「安全基準」なるものが信用できない国になった、というのが正直なところで、

原発と一緒にするのは違うかもしれないけど、新型コロナで「安全」っていわれてクルーズ船を降りた人が、安全じゃなかったわけじゃないですか。

www.jiji.com

…それより、陽性だったクルーズ客が「静岡県熱海市」の人でまたびっくりでしたが(←地元)、

とにかく、安全かどうかは自分で考えなければならない。

そんな気がするのです。

さて、今日の本題は「電力会社」です。

私、本日をもって東京電力を卒業いたしました(ぱちぱちぱち)。

卒業した後は、再生可能エネルギーで供給する「みんな電力」に加入いたします。

minden.co.jp

動機については書くまでもないですが(原発に加担したくない)、

私は2011年、あの震災があった後、「放射能」が原因で同棲解消した経験があるので、被災地の人に比べたら低レベルすぎますけど、原発事故ってそれなりに「自分ゴト」化してるんですよねー。

 

そして2016年、電力の自由化。

喜び勇んで「みんな電力」と契約したけど、シェアハウス暮らしを挟んだため、今回は2年半ぶりの復帰です。

 

ちなみに加入当時の感想。

東電と比べて「高くなった!」って感覚は別になかった。

日々の感覚しては、原発のニュースや東電のCMなど見るときに、「ふっ、私は加担してないけどね」と得意げになれる。

そして何より大切なのは、自分が安全と感じるものを、自分で選んでいるという感覚です。

電力に「安全」とか「危険」とか書いてあるわけじゃないけれど、その背後にあるものを想像してみたら………。

 

というわけで、今日も私は「良識ある大人」に一歩近づきました。 

https://www.instagram.com/p/B9EJg4RgOPG/