ゆかこの部屋

大きな1個の幸せではなく、身近な小さな幸せを100万個ぐらい集めています

love & relation

43才、初めての妊娠(9週)

妊娠9週(10/23-29)のふりかえり。 体調はどんどん良くなり、「少量の食事を頻回」さえ心がけていれば、気分が悪くなることもなくなりました。「つわりのピークは8週」と聞くので、大きな山を迎えることもなく、私はつわりを終えたのかも。 家事や仕事は普…

小さな喜びのループ

老人ホームで暮らす祖母(96才)に「新品の葉書」を送ってあげた。 「葉書が欲しい」とスタッフさんに頼んだが、まだ買ってもらえていないことが分かったからだ。 祖母は2月まで、母(73才)の近くで暮らしていた。毎日のように顔を合わせていたが、歩けなく…

win-winになるケア、ならないケア

『ボブという名の猫』という映画を見た。 薬物依存のためホームレスになった男が、「ボブ」という野良猫に出会ったことで、生きる希望とチャンスを得るという、イギリスで実際にあった物語だ。 主人公に懐く猫がかわいらしく、また猫がかわいらしいからチャ…

山下夫妻みたいになりたい

山下達郎のにわかファンになった。 きっかけはラジオ。11年ぶりにアルバムをリリースした山下達郎が、毎週聞いているTBSラジオにゲスト出演。…だけでなく、文化放送やニッポン放送にも出ていて、極めつけはNHKラジオで8時間に及ぶ特番が組まれていたところに…

自分で作る結婚指輪

年内を目標に結婚を考えている私(43才・初婚)。 確か3月だったか、「そろそろ指輪買ってくれる?」と聞いてみたら、「どこに買いに行く?銀座?」と聞き返され、答えに窮しているうちに、6月になってしまった。 『結婚指輪を買いに銀座に行く。』 オーソド…

まさかの岡山、続き

急ぎの仕事を代わってもらえたので、熱海から新幹線で来る母を出迎えることにしました。 結果、大正解。 岡山駅→病院で面会→兄の家で荷造り→足りない物を買う→病院に届ける→兄の家に戻る という行程、土地勘のない70才の婆さんに、バスやタクシーで移動させ…

信頼とネガティブの関係

自分が窮地に立たされたとき、全面的に味方してくれる人もいれば、利用するだけ利用して、後はぽいっという人もいることに気づく。 今日は朝から腹の立つことが多く、全面的に味方してくれる先輩を呼び出して、焼鳥! 今は同じ職場でもないのに、占い師ばり…

春の宵(共に歩むということは)

自分と付き合うということは、得体の知れない自分自身の、長所も短所も受け容れ生き抜くことだ。 他人と付き合うということは、本人ですら得体の知れない(だろう)相手自身の、長所も短所も受け入れ生きることだ。 出会いがあれば別れもある。 互いを栄養に…

川の流れと心の動き

人生を川に例えるなら、そこそこな急流だっただろう、2011年の4月が終わった。 3月の中旬に異動が決まったまでは良かったが、4月に入り、部署そのものが大阪へ派遣。「そんなこともあるんだ」なんて、構えるか構えないかの翌週には、現地入りを命じられた。 …

マヤ暦による始まりの日

7月26日は、「マヤ暦」でいう1月1日なんだそうで、 自称マヤ暦マニアのRurikaさんが、それに因んだイベントに呼んでくださいました~。 Rurikaさんといえば、 上司としては部下に頼られ、人としては友に恵まれ、男のような豪快さと、女ならではの繊細さを併…