過去の自分に学ぶ会_20191120

毎週水曜日は、過去の投稿を見直す日。

過去に得た学びを反芻することで、今に役立てようという企画です。

 

まずは2014年。 

今年はまだ編んでないけど、「大きな夢より小さな現実を積み重ねるほうが楽しい」という傾向が始まり始めた頃。

tokyo100k.hatenablog.jp

次は2015年。

「新しい物より古い物が好き」という傾向が始まり始めた頃。

tokyo100k.hatenablog.jp

続いて2016年。

ほかと毛色が違うので割愛。

「厄介な上司・同僚に振り回されない仕事術」って本読んでるみたいだけど、治らないぞ。

tokyo100k.hatenablog.jp

次は2017年。

人工的なものよりも自然的なものに対する興味が高まり始めた頃。 

tokyo100k.hatenablog.jp

最後に2018年。 

これは………捨てたくないものを捨てようとした日、なんだな。

今見ても切ないけど、1年過ぎた今も結局それは残っている。

tokyo100k.hatenablog.jp

大きな夢より小さな現実(2014年)。新しいものより古いもの(2015年)。人工より自然(2016年)。捨てようとしても残るものは残る(2018年)。

ということはまとめると、小さくても古くても自然に自分の中に残ってきたものを、改めて大切にしろってことかな。 

大きな夢なんかもともとないけど、きらきら輝いてる人に憧れたり目指したりするの一生辞めよう。私は私の現実を。