ヨガに66回通って分かったこと

7月から『ホットヨガ』に通っています。

コロナ太りが止まらなかったため、一念発起したのです。

 

 

通う頻度は「週5回」。

平日は働き、勉強もしている中なので、忙しい。イメージ的には「雨が降ろうと槍が降ろうと」通う感じ。そして肝心の成果はというと、

 

1ヶ月目…2kg減(-2kg)

2ヶ月目…2kg増(±0kg)

3ヶ月目…1kg減(-1kg)

 

イマイチです。

恐らく、食べる量のせいでしょう。今月こそは食をテコ入れしなければ…!


f:id:tokyo100k:20201119100458j:image

さて、そんな中ではありますが、重要な気づきも得られました。

私の太い脚=人生そのものだった、ということです。

 

私は昔から、脚がしっかり太いのです。

10代のころ、168cm48kgだったこともありましたが、それでも脚は太かった。

そしてヨガで分かりました。原因は、股関節が硬く、且つインナーマッスルが育っていなかったからだと。

 

どういうことかというと、

・股関節が硬い⇒可動域の狭さによる動きの悪さを筋肉量でカバーしている

インナーマッスルがない⇒外側の筋肉ばかり動かしている

 

私はある時期、ハーフマラソンを走るほどジョギングをしていましたが、全く細くならないどころか、太くなる一方で困っていました。

そして今になって分かったのは、可動域が狭いまま走り、外側の筋肉ばかり育てていたということ。

細くしたいのに、太くなる。

そうです、努力の中身が間違っていたということです。

 

そして、それは人生も同じ。

そのときそのとき頑張って、働いたり学んだりしてきた割に、未だ何者にもなれていないのは、努力の中身が間違っていたからではないかと。

 

…と、書いている今でも、正しい努力の中身など分かっちゃいませんが、体のほうは少しだけ柔らかくなり、インナーマッスルも育ってきました。

 

週5ヨガは残9ヶ月。

その間に、人生の努力も分かれば良いけど。