ゆかこの部屋

大きな1個の幸せではなく、身近な小さな幸せを100万個ぐらい集めています

桜との再会│いわき回廊美術館

週末は福島まで、昨年植えた「桜」の成長を見に行ってきた。

f:id:tokyo100k:20220413102246j:image

桜を植えたのは、「いわき万本桜プロジェクト」の一環だ。

3.11の被災地に、空から見えるほど桜を植えよう、という趣旨に惹かれて。

www.mansaku99.com

その「植える」作業がどれほどの重労働かは以前書いたが、今回はその桜と、4ヶ月ぶりの再会となる。

咲いているのか、いないのか。その前に、根腐れなどで枯れていないか。

tokyo100k.hatenablog.jp

桜の山に着き、まずは自分の木を探す。

山は広大な上に、常に開拓されるため形が変わる。詳細な地図もないので、前回歩いた道を歩きながら、足の記憶だけで探していく。

f:id:tokyo100k:20220412190657j:plain

ふかふかの土の上を歩くこと5分。木を植えたエリアが近づいてきた。

 

・・・・・・・・・ん?

私たちの木が見えない。

まさか噂の根腐れかと、一抹の不安がよぎったが、焦って走って近づくと、あったあった。周りの開拓が進んだため、相対的に位置が変わったようだ。ほっ。

f:id:tokyo100k:20220412190743j:plain

植樹後4ヶ月の木からは、花こそ咲いていなかったが、これから「葉っぱ」になるだろう芽が、いくつも顔を出していた。陽当たりが良いのか、同じ日に植えた別の木より、多く芽吹いている気がする、というのを「親馬鹿」と呼ぶのだろう。

f:id:tokyo100k:20220412190733j:plain

消息を確認した後は、回廊美術館を散策。

この週末は天気が良く、またいわき地方は桜が見頃だったようで、どの木も可憐な花をつけ、透き通った空と共に天国みたいな景色を作り出していた。花と空があるだけなのに、人生の不安など1ミリも感じられなくなるような。

 

遠いので、頻繁には行けないのが残念だけど、長く元気に育って、3.11の被災地に天国を創る1本になって欲しい。