東京百景

結婚にもキャリアにも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発だけは志向している30代OL。人生哲学は「らしさを活かす。あるものを活かす。」

女子大生は問題を、楽しみながら解決する|跡見女子大

ファストファッションをよく着る」という皆さん、要らなくなったその服、ちょっと「リユース」してみません?

bunkyo.keizai.biz

本日は取材で、跡見学園女子大学へ。全てが女子大生の手による、リユース・ファッションショーが開かれたのです。

f:id:tokyo100k:20160810190429j:plain

テーマは「たんすの肥しでスタイリングする今どきのファッション」。2016年だけでなく、80年代や00年代といった「あの頃」のファッションもあり、大人の私も楽しめました。

インタビューさせてもらった2年生は、「聖子ちゃんスタイル」を担当。着ていたジャケットは「母が私の入園式に着ていたもので、元は肩パットが入っていました」だって。

ファストファッションの裏側に、さまざまな問題が起きているのは事実だけど、こんな風にほっこり楽しく、「リユース」を考えられるのはいいね。

f:id:tokyo100k:20160810190426j:plain

右から2番目が「聖子ちゃん」

印象的に残ったのは先生のコメント。

「ファッションは本来楽しむもの。堅苦しく考えるより、楽しみながら善くしていこう」だって。 

ここに真理がある気がする。

楽しそう、で始めると意外にできてしまうもの。

難しそうに構えると、そもそも始めもしないけど。

現に彼女たちは「楽しそう」だけで環境問題に取り組み、企画、運営、広報、ヘアメイクからモデル出演まで、全部自分たちでしちゃったんだから。

RELATED ENTRY

tokyo100k.hatenablog.jp