読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

EURO2010 COPENHAGEN→HELSINKI

5日目、コペンハーゲンヘルシンキ

COPENHAGEN

8:00 コペンハーゲン中央駅。売店で朝食を買い、車内へ。空港までは3駅なので、余韻に浸る暇はない。

f:id:tokyo100k:20160810204704j:plain

HELSINKI

12:00 ヴァンター空港着。エアポートバスで市内へ。

13:00 ヘルシンキ着。ヨーロッパ的な建物が少なく、街はすっきりした印象。街中至るところをトラムが走っている。

f:id:tokyo100k:20160810204741j:plain

14:30 アラビア工場着。

f:id:tokyo100k:20160810204807j:plain

15時~の工場見学前に、アウトレットショップを物色。アラビアを含むイッタラグループ以外にも、フィンランドのデザイン製品が多数置かれている。

f:id:tokyo100k:20160810204825j:plain

15:00 工場見学、のはずが、ガイドさんの勘違いで15時半~に。参加者が増え、料金は半額に。アウトレットの割引券まで頂き、完全に元が取れた。ラッキー。

f:id:tokyo100k:20160810204908j:plain

15:30 工場見学。ショールームで現行品を見せてもらった後、

f:id:tokyo100k:20160810204926j:plain

地下の工場へ。原料となる粘土が、成型~焼きの工程を経て、どんどん「成長」していくように見える。生命のないものに、生命が宿るように。

工場以外にも、デザインが生まれる作家たちのアトリエ、創業から今までの商品の変遷など、アラビアの全てを見せてもらった。

デザインから出荷までの全てを自社で行い、生活の道具である食器を文化の域にまで高めた、アラビア社の心意気。イケアが「北欧」を広めるなら、アラビアはそれを深めるのだ。

19:00 映画「かもめ食堂」の舞台、カハヴィラ・スオミへ。実際の店内は映画より庶民的な雰囲気。

f:id:tokyo100k:20160810204958j:plain

映画の通り注文すると、コーヒーが凄くおいしい!フィンランド人が世界一コーヒーを飲むというのも頷ける。

f:id:tokyo100k:20160810205013j:plain

20:00 再び街に戻る。20時にして昼の明るさ。だからなかなか、歩くのを止められない。

f:id:tokyo100k:20160810205040j:plain

宿まではスーパー経由。

f:id:tokyo100k:20160810205053j:plain

デザインに負け、スウェーデンの伝統食(重い)を危うく買いそうになりながら、

f:id:tokyo100k:20160810205115j:plain

ヘルシンキの長い1日は終わった。

COST

-DKK-
※1DKK≒15JPY
食費:31+9
交通費:34.5

-EUR-
※1EUR≒118JPY
宿泊費:24
食費:LUNCH8.5+CAFE7.6
交通費:BUS5.9+1DAY6.8
見学料:17.5
食器代:59+28

-JPY-
交通費:SAS11080

-TOTAL-
30758円

HOTEL

Satakuntatalo YH
ヨーロッパで賞を取ったこともある優良宿。部屋は広いし朝食もなかなか豪華。

***

tokyo100k.hatenablog.jp