東京百景

足元にある小さな幸せをコレクションするブログ

しょうもないけど切実なお願い

今後私と飲酒する機会のある皆さま、私が6杯飲んだら、水を飲むよう促してやってくださいm(_ _)m

 

3週間ぶりに更新する内容がこれかよって感じですが、、、

寂しがり屋なくせに人見知り、その上団体生活が苦手な私にとって、「お酒」というものは、親と会社の次ぐらいにお世話になっている存在です。

ところが!

年のせいか、以前のペースで飲めない。というより、飲めてはしまうだけにタチが悪い。

指数で表すとすれば、

★酔っていない
★★ほろ酔い
★★★第二の自分登場で楽しい
★★★★曖昧な記憶
★★★★★記憶なし

★★★ぐらいでキープしたいところが、大体★★★★★まで行って翌日後悔。。。

先日ついに「キミ、そろそろ帰りなさい」ということが起きてしまい、いい年して叱られたのもショックだけど、何より、楽しい宴から強制送還というのが哀しくて哀しくて、、、

だったら★★★は何杯目に当たるのか、実験した結果が冒頭に書いた、「6杯目」だったのです。

f:id:tokyo100k:20160902222352j:plain

実験概要

杯数とそのときの話題を記録し、翌日記憶と答え合わせをする。

19:09★
1杯目。後輩が酔ってやらかした話。真面目に悩んで実験してる自分が、早速アホらしくなるような内容。

19:21★★
2杯目。田舎と都会では結婚適齢期が5歳は違う話。

19:46★★
3杯目。最近の交友関係について。

20:19★★★
4杯目。社食と美人と不美人の話。かなりの激論。

20:45★★★
5杯目。幼少期の家庭環境と恋愛癖の相関について。

21:28★★★
カラオケに移動して6杯目。大黒(摩季)先生は凄い。

21:58★★★★
7杯目。工藤先生も凄いが、結局のところ竹内先生が一番凄い。

22:59★★★★
家の近所に移動して、水も飲みつつ8杯目。この実験のきっかけになった土曜日の話。

23:37★★★★
更に移動して9杯目。元商社マンにメキシコやバーレーンを勧められる。

0:25★★★★★
あろうことかマックに寄っている!

…というわけで、★★★と★★★★の境目は6杯目でした。

そして実験とはいえ、4軒ハシゴできることも分かってしまいました…。