ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

修善寺、ベアード、母と子と

修善寺にある『ベアード・ビール』に行ってきました。

f:id:tokyo100k:20181111201013j:image

移住前に修善寺在住の友人と会うことになり、それならと、ここの工場見学に誘ってくれたのです。

こちとら「ビール醸造家になる!」とかいってる割に、ベアード・ビールが伊豆(地元)にあるってことすら知らなかったんだから、こういう情報は本当にありがたいです。

f:id:tokyo100k:20181111201813j:image

工場見学は、土日祝日の1日3回。

まず現れたのは、原料となる麦袋、噂の25kg。想像はしていたが、確かに重い!なる早でアメフト部出身のスタッフ入れねば。

f:id:tokyo100k:20181111201753j:image

次は麦芽を煮沸する装置。さすがベアードクラスともなると大きい!

f:id:tokyo100k:20181111190137j:image

麦汁を発酵、熟成させるタンクは、人間が10人は入ろうかというサイズ。右下の人はこれを洗浄していると見られる。

f:id:tokyo100k:20181111190133j:image

最後に樽詰め、瓶詰めの工程を見て、見学は終了。

私もこういう仕事をするのか…!と、イメージが湧いてまいりました。

f:id:tokyo100k:20181111190153j:image
さて、この日はたまたまブライアン・ベアード社長によるトークイベントがありました。

社長曰く、クラフトビールに必要なのは、ビールへの愛情、製法へのこだわり、そして自然と共にあること。この3つを大切にしながら、味のバランスと個性を追求する。二律背反するようだが、そうでなければ、中途半端なビールしかできないらしい。

ビール醸造家の話を聞くのはこれで5人目だったけど、例にもれず格好良い!ロールモデルが全員素敵なんて、クラフトビール界は本当に凄い。

私も自分を磨こう!そのために体も鍛えよう!と、決意が一層改まりました。

f:id:tokyo100k:20181111190127j:image

話は換わって、この日は友人の赤ちゃんがいたため、見学中の子守のために、熱海からわざわざ私の母を呼び寄せました。

我ながら図々しい頼みでしたが、赤ちゃんが金太郎並みにかわいい子で、母はすっかりお婆ちゃん気取り。

共に過ごしたのは束の間だったけど、今後も縁を繋いでくれそうなこの子に感謝しつつ、ほくほくと修善寺を後にしました。