東京百景

結婚にもキャリアにも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発だけは志向している30代OL。人生哲学は「らしさを活かす。あるものを活かす。」

カープにあって巨人にない?もの|東京都新宿区

カープ戦を見てきました。カープより、カープファンに興味があるんです。

この人たちは、カープの何に、ここまで魅了されているんでしょう?だってここ、東京だよ?神宮だよ?

f:id:tokyo100k:20160906012844j:image

こう考えるようになったきっかけは、私の暮らす文京区です。ここには巨人というチームがありますが、ここまでの一体感はありません。

全国区のチームなので、地元も必要ないんでしょうが、せっかく地元にあるんだから、私ももっと楽しみたい、カープのように、っていうのが本音。

f:id:tokyo100k:20160906012904j:image

そこで人に聞いてみました。巨人とカープの違いは何か?

そのキーワードは「愛着」「情け」「共感」といえそうです…!

広島に住んでいると、あらゆるところにカープの宣伝があり、あらゆるものがカープのグッズと化し、挨拶代わりがカープの勝ち負けなんだとか。

また親会社のない市民球団ゆえ、チームは貧乏、スタジアム(市民球場)はボロい、育てた選手はすぐ移籍と、まぁ確かにほっとけない!

そして、近年のカープ女子ブームや出戻りドラマの数々。私もファンになって一緒に楽しみたいって想いが、スタジアムに足を向かわせますよね。

f:id:tokyo100k:20160906135005j:image

さて、地方のローカル球団が、都会のブランド球団を凌駕する。ここに潮流を感じるのは、私だけでしょうか。

私は今、東京にある大企業で、全国区のビジネスを展開していますが、この商売に正直、限界を感じるときがあります。

何故ならここには「心」がないから。

会議といえば、頭の良い人たちが集まっては、合理性や効率性の追及ばかり。数字で人を動かそうなんて、モノやカネじゃあるまいし。

f:id:tokyo100k:20160906012915j:image

弱くたって貧乏だって、市民と共にあった球団。それを応援し続けた心が今、25年ぶりの優勝で爆発している。

カープのムーブメントからは、「心」が見える気がします。