篠山城下町「BREATH&ROY」

城下町にある雑貨店「BREATH&ROY」さんを訪問しました。

センスの良い民芸品が並ぶ店内。

えっ…母を連れて来なきゃー!

ってな感じでしたが、遊びではありません。仕事です。

f:id:tokyo100k:20190411232637j:image

パブ店長になる私は、最近「フードメニュー」ばかり考えているのです。

キッチンが狭いため、加工食品を利用しなければならず、しかし篠山に何があるのか分からない、ということで、センス良い食品がありそうな、こちらのお店へ!

結果、「デカンショねぎ味噌」という激ウマな商品をゲットしつつも、しかし、これでビールってわけにもいかんだろ、と堂々巡りをしておりますが、本日書きたいのは、こんなことではありません。

 

「BREATH&ROY」のオーナー、細谷さん!

会計のとき、ちらっと自己紹介した私に、いろいろと教えてくださったんですねー。

篠山のこと、古民家のこと、この町で店を開くってこと、などなど、2時間近くも。

そして、うちのビール置いてくれるって!

ビール=交通手段が問題になるだろうから、送迎バスあれば福住まで行くよ!とまでいってくださり、嬉しかったことこの上なし。

 

何か、人ってさ、助けてくれるものなんですね。この実感、4月入ってもう3回目ですよ。

「助けてもらえない」と感じてきたのは、依頼の仕方が悪かったから。

「こういうことで困ってる」を具体的にできれば、人はちゃんと助けてくれる。

この実感、4月入ってもう3回目なんです。

助けてもらうこと、それに感謝すること、報いること。これが「社会」に生きる意味かと、感じてしまう今日この頃です。

 

※写真はこの本から拝借しています